思いをつなぐ遺品整理は29,000円から

遺品整理業の需要と必要性

皆さんは超高齢化社会と言われる、現状の日本について、どのくらいご存知ですか? 我が国の総人口に占める65歳以上の高齢者率は、全体の23%と言われ、これは、人口の4人に1人は、65歳の以上の高齢者が存在することを示しています。 この現状を、皆さんはどのように感じられますか? こうした高齢化の急速な進展から、高齢者の孤立死も増加し、残念なことに年間にして約4万人の方がお亡くなりになられています。 また、この数値は年々増加傾向にあり、死後4日以上経って発見された高齢者の孤独死数は、2011年3月時点で毎年推計約15,000人にも上ると言われています。 こうした現状の背景には、高齢者世帯数が約1,800万世帯ある中で、うち約40%の方が一人暮らしをされていらっしゃるという統計も出ており、突然死などであれば、なおさら、すぐに発見されにくい傾向が予測されます。 これは、核家族化の進行が進むだけでなく、近親者や近隣の方との関係も昔に比べ、希薄になる中で、現代のライフスタイルが生んだ悲しい現状です。 こうした社会背景から、今までは家族などの近親者が担っていた遺品整理が、業者に委託されるケースも年々増えて参りました。 遺品整理の需要が高まっている背景には、今の日本が抱える重要な問題が根底にあり、今後ますます、必要とされるサービスである事は言うまでもありません。


お問い合わせについて

電話番号0120-384-732  メールでのお問い合わせ
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

▲ページトップに戻る