タグ別アーカイブ: 引越し

リサイクルショップがやっている引っ越しサービス

今回引っ越しするにあたって、引っ越しやさんをどうするかと考えていた時に、最近引っ越しした友達にリサイクルショップがやっている引っ越しサービスを紹介してくれました。

他の引っ越し業者にも10件くらい見積りをとったけれど、このリサイクルショップの引っ越しサービスはとても安かったんです。

インターネットの契約で、引っ越し料金も割引になり、これでいいの?ってくらい安く引っ越しができました。

当日引っ越しの運搬に来てくれた男性は関西弁のおもしろい方で、ドンドン荷物を運んでくれる頼もしい方でした。

うちは特に高価な物もないので、安い業者で十分でした。

部屋のレイアウトを考えてあれば、そのレイアウト通りに動かしやすいように荷物を置いてくれたのもとても助かったし、クローゼットの高い所に荷物を置きたいとお願いするとそれもやってくれました。

そして、最後にリサイクルでいいから食器棚と冷蔵庫が欲しいと言ってみたら、自分のリサイクルショップにモノがあるので、よさそうなモノを紹介しますよといって、店に電話して早速写真を送ってくれました。

すごくスピーディーに事がすすみ助かりました。

結局、そのお店から食器棚と冷蔵庫を買う事になり運搬もお願いできたので、あっと言う間に引っ越し作業がおわりました。

市営住宅に抽選!引っ越しする度に荷物が減っていく

我が家は今まで、5回の引っ越しを繰り返してきました。その内、3回は同じ大阪府内、しかも大阪市内です。1回目は、結婚したばかりで主人のワンルームにふたりで狭い中暮らしていたのですが、到底我慢できず、古い長屋のようなアパートへ引っ越しをしました。その際は、主人の会社の方々が手伝ってくださり、引っ越し業者に依頼することもなく、なんとか自分たちで作業を終えました。作業終了後に牛丼をみんなで食べたことを覚えています。2回目は、その古いアパートから、また古いマンションタイプの部屋への引っ越し。こちらは業者へ依頼。なんと引っ越し元から引っ越し先へは2キロ圏内。早い引っ越しでした。荷物を詰め込んで2日目に、会社の方々を呼んで引っ越しパーティーなどしました。3回目は、一戸建ての賃貸への引っ越しです。外階段がついており、不思議な建物でした。ここまでで共通していることに、引っ越しをするごとに子供がひとりずつ産まれているということです。偶然なのですが。さて、4回目の引っ越しは大々的に、県外への引っ越しです。田舎暮らしがしたくなり、静岡県へ引っ越しました。これもアパートです。ここに一年暮らしたところで、市営住宅に空きが出たという情報をもらい、応募。見事に抽選し、入ることができたのです。先ほどの出産の話だけでなく、もうひとつ共通していること。それは、引っ越しする度に荷物が減っていくという点。すばらしいです。初期の我が家に比べたら、荷物は半分ほどに減っているのではないでしょうか。断捨離をし、リサイクルショップにも通いましたし、大きなゴミは不要品回収などを利用しました。本当、ありがたいシステムです。2階の部屋でもなんでも、要らなくなった洗濯機なども回収してもらいました。自分たちでそれを運ぶのは億劫なことなのです。しばらくは引っ越しする予定はないですが、断捨離したい気満々なのでした。

引越しは環境がガラっと変わる

引越しは環境がガラっと変わり、色々と生活がマンネリに陥った時の、最高のリフレッシュ法です。

ただし、お金がかかってしまうことと、職場から通える範囲に限定されるので、別の県に行くなど、あまり大きな範囲で移動できないのが欠点ですが…。

何か、心理的に行き詰っていたり、悩みがあった時、環境を変えることで、一気に解決というのか、まあ解決しないにしても、引越しにまつわる諸々の手続きやらに忙殺されている間に、気持ちが色々と切り替えられたりします。それほど引越しとなると、色々と役所への届け出や、新生活に必要なものの購入などが、大変ですので。たとえば、カーテンひとつ取っても、長さが合わなかったり、家具が微妙に間取りに合わず、やむなく

新しいものを買わざるを得なくなったり、しばらくは、そのようなものの購入に忙殺されます。

以前引越ししたとき、都市ガスからプロパンガス使用の地域に引っ越して、ガステーブルをプロパンガス

専用のものに買い換えたことがあります。その次はまた都市ガスの地域に引っ越すといった具合で、その都度

買い換えるハメになった経験があります。

そのような感じで、独身時代はよく引越しで気分転換していましたが、結婚するとそう身軽に動くことができなく

なってしまいました。色んな意味で、独身のときは気軽だったなあと振り返ることがあります。