タグ別アーカイブ: リサイクルショップ

リサイクルショップの買取値段

今まで引越しは3~5回くらいしたんですが

物が無さそうで、こんなに物あったっけ?って言うくらい出てきます。

その時リサイクルショップとかに持って行きたかったんですが面倒臭がりなもんで、いつも捨ててしまいます。

今でも頂き物が多いせいか着ない服やら、食べない果物とか処分に困る事がしばしばあります。

家にあった着物はリサイクルショップにて3000円で売りました。

(着物はちょっと捨てられなかったので)

購入した時は30万しましたけど、私の子供は一人っ子の男の子なので

着物をあげる事も出来ません。なのでしかたないからって売りに出したら3000円

なんだかなーって思うんですが、他にもなんだかなーって物もあって

漫画本(名前は伏せますが、一昔前にドラマにもなり、韓国のドラマにもなった結構有名な漫画です)

ちょっと前に旦那と私が面白いからって一万くらいかけて全巻そろえたのに

本のリサイクルショップにて・・・80円・・・

まぁ、かなり皆様が購入して売ってしまったもんだから本のリサイクルショップでもあぶれているみたいでした。

さすがに80円はちょっと、と思ったので売らずに家の倉庫にしまってあります。たまに読み返して、夢中になったりして一応活躍してます。

流行物は流行っている時が売り時なんだなーと勉強になりました。

リサイクルショップがやっている引っ越しサービス

今回引っ越しするにあたって、引っ越しやさんをどうするかと考えていた時に、最近引っ越しした友達にリサイクルショップがやっている引っ越しサービスを紹介してくれました。

他の引っ越し業者にも10件くらい見積りをとったけれど、このリサイクルショップの引っ越しサービスはとても安かったんです。

インターネットの契約で、引っ越し料金も割引になり、これでいいの?ってくらい安く引っ越しができました。

当日引っ越しの運搬に来てくれた男性は関西弁のおもしろい方で、ドンドン荷物を運んでくれる頼もしい方でした。

うちは特に高価な物もないので、安い業者で十分でした。

部屋のレイアウトを考えてあれば、そのレイアウト通りに動かしやすいように荷物を置いてくれたのもとても助かったし、クローゼットの高い所に荷物を置きたいとお願いするとそれもやってくれました。

そして、最後にリサイクルでいいから食器棚と冷蔵庫が欲しいと言ってみたら、自分のリサイクルショップにモノがあるので、よさそうなモノを紹介しますよといって、店に電話して早速写真を送ってくれました。

すごくスピーディーに事がすすみ助かりました。

結局、そのお店から食器棚と冷蔵庫を買う事になり運搬もお願いできたので、あっと言う間に引っ越し作業がおわりました。

不要なものをリサイクルショップに売り気持ちをスッキリさせる

家の中には、自分にとって不要なもので溢れています。そのため、それらを処分すると、気持ちをスッキリとさせることができるのです。生活する上においては、できるだけものに縛られないように、シンプルにすることで、気持ちも整理することができると考えています。

そのため、私の場合は、現在使用していないものや、ほとんど使用することがないと思うものなどは、リサイクルショップに持ち込むことにしています。そうすることによって、自分の部屋も片付けることができるし、なんといっても買取をしてもらうことができると言う点が魅力です。今までは、いらないと思ったものを数回買い取ってもらうことができました。特に、バッグが多かったので、使用していないものは思い切って処分をすることにして、買取をしてもらいました。

すると、捨てようと思ったものが、リサイクルされるということを思うと、清々しいい気持ちになることができました。それは、捨てるというよりもリサイクルする方が、ものを大切にしていると感じることができるからです。そのため、そのものに対しても、罪悪感を感じることなく、手から離すことができるので、とても気持ちをスッキリと、持つことができています。

「これは、絶対売れる!」リサイクルショップの七不思議

「こんなもの、多分売れないよな、、」と、思ったのが、売れ「これは、絶対売れる!」と思ったのは売れなかったのが、初めてリサイクルショップに服を売った時感じた、素直な感想です、、「不思議だ、どんな根拠で、こんな結果になったのか???」

そう、お店の側の、目の付けどころが違うんでしょうねえ。何回かリサイクルショップに行って理解したのが、冬物を売りたければ晩夏に持ってゆき、夏物が欲しければ、初春の時期に見に行くと、良い商品にに巡り合えること。季節を先取りするなら売ることにも、買う事にも、成功するのです。

痛感したのは、「ぼろは着ててもの錦、」てな歌じゃありませんが、くたびれててもメーカー品、ブランド品は高い!

ノンブランド品は、ある程度きれいでも、ブランド品には勝てないのです、、「こんな、くたびれた財布、、誰買うのじゃ??」て言うような財布も売り物として立派に、陳列されている、、摩訶不思議、、七不思議、、七不思議って言うくらいなので、リサイクルショップの不思議は、捜すともっと、掘りだせるかも、、でもリサイクルショップさんのおかげで、わたくしめのような、おチビが着れる服が盛りだくさん、うれしい限りですねえしかも、半額以下で!ヘタをすると(?)その、半額の半額で、購入できる素晴らしさ!!感謝感謝。

子供の頃に使っていたヴァイオリン|リサイクル楽器店

小さな頃ヴァイオリンを習っていました。その時に使っていた分数ヴァイオリンはずっと持っていて結婚するときにも自分で持ってきました。

いつか、子供が生まれたらまた音楽を習わせたいわ、と思っていたのですが残念ながらそういう機会はなく、そのまま押し入れに保管していました。

大掃除をしていた時に見てみると、ケースにはカビが生えてしまって、ヴァイオリンもゴムの肩当てがくっついてしまっていたり、もうゴミだなと思っていながら捨てるにも今は粗大ゴミとしてお金を払わなければいけないし、管理が悪かったとはいえ、捨てるのは忍びないと思ってそのままになっていました。

ある日ふと楽器店のホームページをみて、電話をしてみました。

もう使えるような状況とは言えないものですが、買い取りに出すのは無理ですよね。というか使っていただける方がいればお譲りしたいのですが本当に状態が悪いのですとお話しました。

すると、ご担当の方はでは着払いで送ってくださいと。値段はつかないかもしれませんが、送料はこちらで負担しますよと言ってくださったのです。

ただ、子供用のヴァイオリンのため、名前をテプラで貼ってしまっており、シールなども貼っていたのでその点もお話しましたが快く承知していただき、お言葉に甘えて楽器を送らせていただいたのです。

発送用の伝票と梱包用品もすべて送ってくださいました。やはりかなり調整が必要で使える状況にするためには2万円程調整費がかかると教えていただきました。ただ、その楽器屋さんでは、楽器を捨てられずにご連絡をいただいたご縁でお気持ちばかりですがと言って1,500円を振り込んでくださったのです。

本当に連絡してみて良かったです。自分ではゴミにするしかないと思っているものでも、プロの手でもう一度活躍してくれることもあるんですね。そしてちょっとお小遣いまでもらってしまいました。

大阪で近所のリサイクルショップ初体験

少し前に、一人暮らしの部屋を大幅に模様替えをすることにしました。目指すのはお姫様のようなお部屋。

ということで、テーブルは猫足のガラステーブルを買い、ベッドも白のいわゆるお姫様ベッドを購入しました。それまで使っていたのは、初めて一人暮らしを始める時に、とりあえず、で買った新生活応援セットのような家具。こたつとパイプベッドがうちから追い出されてしまいました。

引き取り手もないので、粗大ゴミで出そうかなと思っていましたが、近所にリサイクルショップがあるのを思い出し、友達と一緒に行ってみることに。

初めて行ったそのお店は、驚くほどお客さんが多かったです。(平日なのに。)

お店の人に事情を話すと、こたつは買い取れるがパイプベッドは買い取れず、逆に処分代がかかるとのこと。それでも、いろいろな手間を考えればもうここに置いて帰りたいので、それでお願いすることにしました。

査定結果。こたつ、500円で売れました。(故障してませんよ)。パイプベッドは、処分代で1000円必要でした。結果マイナス500円(笑)。それでも粗大ゴミステッカーを買ったり分解したのを紐でしばったり、なんていう手間を考えると、充分満足でした。

正常作動するこたつが500円だったのは少し驚きでしたが、どこかの誰かがこれ買って暖かい冬を過ごせればいいなぁなんて思いながら、自分の思い通りの部屋づくりに専念したのでした。