タグ別アーカイブ: リサイクル

捨てる前に必ずリサイクル!たとえ50円でもお得な気分

ゴミの分別もいろいろ大変になってきました。

断シャリなんて言葉もあるくらいですから、物置や部屋の模様替えをしたときは 使用してないものをなるべく捨てるようにしています。

捨てる時、最近は考えてますね。

消費税も上がったことですからすこしでもプラスになることないかな?と。

粗大ごみも有料の地区と無料のところがあります。たまたま無料の地区に友人が住んでいるので、友達宅に持っていって処分してもらっています。

段ボール箱は地域の老人会が収集してくれますのでそれにだしてます。(資源ごみですから 業者さんに引き取ってもらって、そのお金が老人会の資金にまわります)

使わなくなった衣類やスポーツ用品は 捨てる前に必ずリサイクルショップで買い取ってもらえるかチェックします。たとえ50円でもお得な気分になります。

いろんなものを捨てる前に 一呼吸置いてから捨て方考えてます。

リサイクルと粗大ゴミの処分両方をお願いできるところ

夫の兄は 一度結婚しましたが子どもが出来る前に別れ それ以後1人暮らしでした。

仕事を定年退職した後 病気で車椅子の生活になり ケアハウスに入居していたのですが、肺炎で病院に入院中 脳梗塞で倒れ寝たっきりになり もうケアハウスに戻ることは無理になってしまったのです。

そこで 最小限必要なもの以外は 義兄の荷物を処分して ケアハウスの部屋を 空け渡さなければなくなりました。

まず 大切な書類などを選び 冷蔵庫の中身を処分し、その後 リサイクルと粗大ゴミの処分の両方を お願いできるところを探し出して甥や姪と協力して ケアハウスの義兄の部屋を片付けました。

タンスや食器棚などの家具は リサイクルで引き取ってもらいたかったのですが、古いものなので 処分するしか仕方が無いと言われました。電化製品は 洗濯機は引き取ってもらい テレビは 甥が持って帰りました。電動ベットと 電動車椅子が 部屋に置いてあり 車椅子は義兄がいつも使っている物だったのでてっきり義兄が所有しているものだと思っていたのですがレンタルの書類が出てきて 危ういところで売らずに済みました。

結局 残したのは衣類だけでしたが 病院で寝たきりなった義兄はそれも ほとんど使う機会はないまま 亡くなりました。