月別アーカイブ: 2014年3月

子供の頃に使っていたヴァイオリン|リサイクル楽器店

小さな頃ヴァイオリンを習っていました。その時に使っていた分数ヴァイオリンはずっと持っていて結婚するときにも自分で持ってきました。

いつか、子供が生まれたらまた音楽を習わせたいわ、と思っていたのですが残念ながらそういう機会はなく、そのまま押し入れに保管していました。

大掃除をしていた時に見てみると、ケースにはカビが生えてしまって、ヴァイオリンもゴムの肩当てがくっついてしまっていたり、もうゴミだなと思っていながら捨てるにも今は粗大ゴミとしてお金を払わなければいけないし、管理が悪かったとはいえ、捨てるのは忍びないと思ってそのままになっていました。

ある日ふと楽器店のホームページをみて、電話をしてみました。

もう使えるような状況とは言えないものですが、買い取りに出すのは無理ですよね。というか使っていただける方がいればお譲りしたいのですが本当に状態が悪いのですとお話しました。

すると、ご担当の方はでは着払いで送ってくださいと。値段はつかないかもしれませんが、送料はこちらで負担しますよと言ってくださったのです。

ただ、子供用のヴァイオリンのため、名前をテプラで貼ってしまっており、シールなども貼っていたのでその点もお話しましたが快く承知していただき、お言葉に甘えて楽器を送らせていただいたのです。

発送用の伝票と梱包用品もすべて送ってくださいました。やはりかなり調整が必要で使える状況にするためには2万円程調整費がかかると教えていただきました。ただ、その楽器屋さんでは、楽器を捨てられずにご連絡をいただいたご縁でお気持ちばかりですがと言って1,500円を振り込んでくださったのです。

本当に連絡してみて良かったです。自分ではゴミにするしかないと思っているものでも、プロの手でもう一度活躍してくれることもあるんですね。そしてちょっとお小遣いまでもらってしまいました。