遺品整理で費用の負担を抑える

遺品は処分せず、買い取ってもらう

遺品整理の費用を抑える為には、当社が行う買取サービスをご利用される事を強くお勧めいたします。
買取サービスを利用することで、処分しなければならない物品の量を減らし、処分費用を抑えることが出来ます。

片付けられる物は自身で片付ける

遺品整理業者は、物量によって、その整理に関わる人員の手配や、車両の手配、ゴミの処理代、日数などを計算し、見積もりを行います。
この時、物量が多ければその分、人数や時間も必要となり、処分量も増えるので、料金が高くなっていきます。
孤独死の方であれば難しいのですが、ご遺族様がいらっしゃる場合は、出来るだけ物量が少なくなるよう、自治体で捨てられる物は捨てておかれることをお勧めいたします。
例えば、冷蔵庫の中の生ごみや食料品は燃えるごみとして、毎週決まった曜日に回収にくる自治体のごみ収集日に出すことが出来ます。
空き缶や空き瓶も同じく、ゴミ収集日が決まっているかと思います。
ゴミ収集日に出せる物は、事前に出しておきましょう。

ここで、気を付けないといけない事は、それ以外の品物についての対応です。
ご遺族様から見れば、不要な物だったとしても、買取が可能な商品である場合があります。
当社では、買取のプロが現場にお伺いし、買取可能な商品を選別させていただきますので、ご自身でご判断されませぬよう、くれぐれもお気を付けくださいませ。

断捨離系の本を読み、家にある不用品を一掃

断捨離系の本を読み、家にある不用品を一掃したくなり、数日かけて不用品をピックアップ。不用品を買い取ってくれるリサイクルショップに持っていくことにしました。家電などの大きいものではなく、洋服や本、雑貨、食器など、気づけば大きなゴミ袋5袋分以上が出てきたので週末にリサイクルショップへ。お店によっては食器は箱がないとダメとか洋服はブランド品のみなどの制限があるようですが、私が行ったお店は制限ほとんどなし。番号札を渡され、30分ほど待つと呼び出されて値段を告げられました。結果はかなり期待ハズレ。ブランド品以外の洋服は買取金額1枚10円くらいだったし、食器も100円以下。買った時の値段を考えると、あ~あ、という感じ。なかには「これはお値段がつきません」と言われたものもありました。最終的に手にした金額は2000円ほどで、なんだか拍子抜けしてしまいましたが、持ち帰るのも面倒だしということで全部了承。値段がつかないものも引き取ってもらうことにしました。しかし帰宅してみると部屋はスッキリ。あれだけのものを処分したから当たり前ですが、部屋が広く感じられます。それにもともと捨てる予定だったものを持って行って2000円になった、自分の期待は定価を考えていたからあまりに高すぎたんですよね。そして何より「いらないけどまだ使えると言えば使える物を捨てる」という罪悪感からの解放。リサイクルショップはこういう「罪悪感」を引き受けてくれるところなんだな、と思いました。

粗大ごみの予約は早く済ませないと大変なことになります。

少し前の話ですが、我が家も新築マンションをやっと購入し、3月に引越しをすることになりました。

同じ市内での中で引越しをしたので、なんとなく余裕を持っていました。

でも、大変なことになってしまったのです。

一ヶ月前くらいから、捨てられるものは早めに処分しようと頑張って掃除していたつもりでした。

新築のマンションに引越しでしたから、電子レンジ、掃除機などいろいろな家電を新調することになり、思ってた以上に粗大ごみが出ることになってしまったのです。

捨ててから買うでは間に合わないと思い、引越し前に色々購入しすぎました。

いざ粗大ごみを出す日の予約をしようと思うと、引越し時期だからなのか、全く予約ができない状態だったのです。

一ヶ月くらい先まで、予約がいっぱいでした。

ネットではだめで、直接粗大ごみセンターに電話相談もしてみましたが、無理でした。

結局、新築マンションにすべての粗大ごみを持ち込むはめになってしまったのです。

荷物は増えてしまうし、最悪でした。

自治体に依頼ではなく、粗大ごみを集めている民間の業者もあります。

ゴミの引取りの値段も格安なのですが、

なんとなく怪しいので、怖くて依頼できませんでした。

引越しはもっと前から計画をたてないとと

反省ばかりでした。

リサイクルショップの買取値段

今まで引越しは3~5回くらいしたんですが

物が無さそうで、こんなに物あったっけ?って言うくらい出てきます。

その時リサイクルショップとかに持って行きたかったんですが面倒臭がりなもんで、いつも捨ててしまいます。

今でも頂き物が多いせいか着ない服やら、食べない果物とか処分に困る事がしばしばあります。

家にあった着物はリサイクルショップにて3000円で売りました。

(着物はちょっと捨てられなかったので)

購入した時は30万しましたけど、私の子供は一人っ子の男の子なので

着物をあげる事も出来ません。なのでしかたないからって売りに出したら3000円

なんだかなーって思うんですが、他にもなんだかなーって物もあって

漫画本(名前は伏せますが、一昔前にドラマにもなり、韓国のドラマにもなった結構有名な漫画です)

ちょっと前に旦那と私が面白いからって一万くらいかけて全巻そろえたのに

本のリサイクルショップにて・・・80円・・・

まぁ、かなり皆様が購入して売ってしまったもんだから本のリサイクルショップでもあぶれているみたいでした。

さすがに80円はちょっと、と思ったので売らずに家の倉庫にしまってあります。たまに読み返して、夢中になったりして一応活躍してます。

流行物は流行っている時が売り時なんだなーと勉強になりました。

電化製品、金属類の回収が一番お金になりやすい

私は数年前に無料の不用品買い取りの仕事をしたこがありますのでそのお話をします。

家の近くにそういった不用品買い取り会社がありまして、面接に行き採用され、軽のトラックで不用品を回収に回っていました。いろいろな不用品がでてくるのですが、電化製品、金属類が一番お金になりやすいのでそういったものをめがけて探していたのです。

偶には農村地帯へいきますと、いらなくなったトラクターまでもが出てきたりもしました。

主流としては、洗濯機、オーディオ、エアコン室外機、などでした。それで3日くらいして

私はあるリサイクルショップに車を止めて、何気なくどんなのがあるのかなと思い、ちょっと寄ったんですね、すると、私がお店に寄っているところを不用品買い取りの社長が

目撃していたらしいのです。それで数時間して私の携帯に電話が入りました。社長からで

「Iさん、明日からもう来なくていいから」です。どういうことか私はさっぱりわかりませんでした。

一時してからよく考えましたら、たぶん私が回収した不用品をリサイクルショップに売りにいってたと思い込んだんでしょうか、それでそう言ったんだと思います。ま~続ける気はあまりなかったので

すぐに辞めました。なんとも情けない一方的な社長さんでした。

軽トラを借りて市のリサイクルセンターに粗大ゴミを運ぶ

引っ越しにで出るのが、粗大ゴミそのなかでやっぱりソファーが一番厄介ですよね~でかいし

運ぶのに不便だし、リサイクルショップには売れないし僕は、ワンボックの車に乗っていて運べるかな~と思っていたけど意外にワンボックに運ぶのは、苦労します。そこで、軽トラを借りて粗大ゴミを運ぶことにしました、軽トラは結構乗るんですよね~ソファー ダブルベット(解体済み) マットレス 本棚 もの干し 結構大型ゴミが7点ぐらいあったのですが意外に積み方によっては、一気に詰めました。それを近くのリサイクルセンターに持っていき全部処分しました。市で軽トラを借りると、リサイクルセンターで重量。

何を捨てたか受付で記入してもらい、軽トラ使用後はその記入用紙と鍵を返却します。市で借りれる軽トラは粗大ゴミ用でしか借りれないので、そのような用紙の記入が必要で結構人気で半日しか借りる事ができません。粗大ゴミで厄介なのがドラム式洗濯機これは、むちゃむちゃ重たく一人では運べず一応リサイクルショップのに売れないか相談したら5~6年落ちの洗濯機は買い取りできなく処分量にに2000円かかります。(安いほう)なんせドラムは厄介です。

リサイクルショップがやっている引っ越しサービス

今回引っ越しするにあたって、引っ越しやさんをどうするかと考えていた時に、最近引っ越しした友達にリサイクルショップがやっている引っ越しサービスを紹介してくれました。

他の引っ越し業者にも10件くらい見積りをとったけれど、このリサイクルショップの引っ越しサービスはとても安かったんです。

インターネットの契約で、引っ越し料金も割引になり、これでいいの?ってくらい安く引っ越しができました。

当日引っ越しの運搬に来てくれた男性は関西弁のおもしろい方で、ドンドン荷物を運んでくれる頼もしい方でした。

うちは特に高価な物もないので、安い業者で十分でした。

部屋のレイアウトを考えてあれば、そのレイアウト通りに動かしやすいように荷物を置いてくれたのもとても助かったし、クローゼットの高い所に荷物を置きたいとお願いするとそれもやってくれました。

そして、最後にリサイクルでいいから食器棚と冷蔵庫が欲しいと言ってみたら、自分のリサイクルショップにモノがあるので、よさそうなモノを紹介しますよといって、店に電話して早速写真を送ってくれました。

すごくスピーディーに事がすすみ助かりました。

結局、そのお店から食器棚と冷蔵庫を買う事になり運搬もお願いできたので、あっと言う間に引っ越し作業がおわりました。

不要なものをリサイクルショップに売り気持ちをスッキリさせる

家の中には、自分にとって不要なもので溢れています。そのため、それらを処分すると、気持ちをスッキリとさせることができるのです。生活する上においては、できるだけものに縛られないように、シンプルにすることで、気持ちも整理することができると考えています。

そのため、私の場合は、現在使用していないものや、ほとんど使用することがないと思うものなどは、リサイクルショップに持ち込むことにしています。そうすることによって、自分の部屋も片付けることができるし、なんといっても買取をしてもらうことができると言う点が魅力です。今までは、いらないと思ったものを数回買い取ってもらうことができました。特に、バッグが多かったので、使用していないものは思い切って処分をすることにして、買取をしてもらいました。

すると、捨てようと思ったものが、リサイクルされるということを思うと、清々しいい気持ちになることができました。それは、捨てるというよりもリサイクルする方が、ものを大切にしていると感じることができるからです。そのため、そのものに対しても、罪悪感を感じることなく、手から離すことができるので、とても気持ちをスッキリと、持つことができています。

ちょっと古い電子ピアノでもあきらめずに買取査定を!

娘がピアノを始めて6年目、ついに電子ピアノからアップライトピアノへ買い換えることに決めました。

購入先のピアノ店では、無料での引き取りになるとのことだったので、買取してもらえるリサイクルショップを探してみようと思い、ネットでいろいろ検索して、引き取り可能な圏内の全てのお店に査定をお願いしました。

電子ピアノはYAMAHAクラビノーヴァ。グレードはそこそこ良いものを買ったのですが、電化製品で6年ものになると、なかなか値段がつきません。中には処分料金が2万円という高額な店舗まで(そのお店では中古電子ピアノの取り扱いがありませんでした)あり、もう買い取りはあきらめた方がいいのかなと思っていました。

購入先に引取りのお願いをしなければならい期日の間際になって、最後に1件だけ、1万円で買い取ってくれるお店が現れました。ヘッドフォンと椅子とマニュアル等の付属品もセットということでしたが、もちろん異存なく決定。

当日は1人で来られたので非常に驚きましたが、毛布に載せて廊下をずるずると運び、玄関で台車に載せ換え、私はほとんど手伝うことがありませんでした。その場で簡単な書類を書き、現金を受け取って手続きは終了。ネットのおかげで、無料かもしくは処分料をとられるはずだったものを買い取ってもらえて、非常に助かりました。

捨てる前に必ずリサイクル!たとえ50円でもお得な気分

ゴミの分別もいろいろ大変になってきました。

断シャリなんて言葉もあるくらいですから、物置や部屋の模様替えをしたときは 使用してないものをなるべく捨てるようにしています。

捨てる時、最近は考えてますね。

消費税も上がったことですからすこしでもプラスになることないかな?と。

粗大ごみも有料の地区と無料のところがあります。たまたま無料の地区に友人が住んでいるので、友達宅に持っていって処分してもらっています。

段ボール箱は地域の老人会が収集してくれますのでそれにだしてます。(資源ごみですから 業者さんに引き取ってもらって、そのお金が老人会の資金にまわります)

使わなくなった衣類やスポーツ用品は 捨てる前に必ずリサイクルショップで買い取ってもらえるかチェックします。たとえ50円でもお得な気分になります。

いろんなものを捨てる前に 一呼吸置いてから捨て方考えてます。